HOME > FXオンラインジャパンの固定スプレッド

FXオンラインジャパン

FXオンラインジャパンの固定スプレッドは、人気のある米ドルと日本円の通貨ペアが0.9銭と、1銭からという業界が多い中で最狭水準です。ユーロと円の通貨ペアは1.9銭、ポンドと円の通貨ペアは3.5銭、豪(オーストラリア)ドルと円の通貨ペアは2.2銭、NSドルと円の通貨ペアは4.0銭です。

取り扱い取引通貨ペアも68種類と多いですが、上記の通貨ペア、ユーロと米ドルの通貨ペアの6種類以外は標準的なスプレッドを採用しています。6種類の固定スプレッドでなくとも、FXオンラインジャパンであれば、どれも水準を狭く設定しますので高い約定率が取れます。

ほとんどが決めた価格帯で取引完了できますので、損失を防いで利益を得ることができます。ただし、相場の急変が起きた場合には固定値が拡大されるだけでなく、その他スプレッドの水準が変動することがあります。

FXオンラインジャパンは、固定スプレッド内での変動を確認しながら、トレール注文の方法を進めています。トレール注文で逆指値価格を自動に設定してあれば、通貨が上昇して行ってもスプレッドが適用されます。

しかし、通貨の低下が続けば、予想以上の損失が出ないように取引を中止することで、拡大させないという損切りをすることになります。トレール注文は、デメリットもありますので、市場やレートの情報は、常に手元で確認していてください。

FXオンラインジャパンは、固定スプレッドを抑えていますが、スワップ金利は、売りと買いでは金利差に幅があります。スワップ金利差がはっきりしているということは、売りと買いの法則が付きやすく、難しく考えずに利益の算出ができます。

これも、マーケットの状況や市場の金利の変動などで、スワップ金利の確定に時間がかかることがありますし、あくまで予定の金額ですので、実際は口座に反映されないと分かりませんことを念頭に置いてください。固定水準が低くなるに超したことはありませんが、悪質な会社であったり、評判が悪かったりしますので、口座開設には充分な下調べをしてください。


ページトップへ